万座毛(まんざもう)沖縄人気の絶対行きたい【観光スポット】

万座毛
クイクイナー

沖縄旅行で一度は行ってみたい場所ランキングで必ず上位に入るのがこちら、
『 万座毛 』(まんざもう)ですよね。どんな場所かわかりますか?
いきなり行ってみて、なんだかよくわからないまま旅が終了してしまうより、
前知識入れてからの方が旅が楽しくなります!ぜひ一読してから旅を楽しんでくださいね!クイクイ〜ナ〜

沖縄県の中でも屈指の観光スポット『 万座毛 』(まんざもう)、以前までは無料で入る事ができたのですが、周辺の整備が進み、一段と楽しめる観光スポットになりました。

2020年10月に『 万座毛周辺活性化施設 』というちょっと硬い名前にリニューアルしました。呼びずらいので『 万座毛 』(まんざもう)でOKだと思います!

もちろん夏でも楽しめますが、施設ができたので冬でもゆっくりと食事やお土産などが購入できます!

万座毛周辺活性化施設 『 万座毛 』(まんざもう)

万座毛

こちらの写真はオープン当初に遊びに行った時の写真です。

建物名が「万座毛周辺活性化施設」というちょっと長い名前になってしまいましたが、

『 万座毛 』(まんざもう)ということでOKなんじゃないかなと思います。

地域の活性化のための建物です!ということです。恩納村という地域にある万座毛では地元の売店やお店が出店しています。

『 万座毛 』(まんざもう)で食事やお土産が買えます

以前は観光のお客さん向けに市場のようなフリーマーケットがあったのですが、一新し建物の中にお土産屋さんやお食事どころが出店しています。

恩納村の地酒、萬座の取り扱いもありますので、お好きな方はこちらでご購入くださいね。

それでは早速 『 万座毛 』(まんざもう)へ行ってみたいと思います。

『 万座毛 』(まんざもう)へは入場料は100円です

以前は入場料はなかったのですが、 『 万座毛 』(まんざもう)を管理するためでしょうか入場料がかかる様になっております。

お一人様100円(大人・小人同額)※小学生未満は無料となります。

それでは 『 万座毛 』(まんざもう) へ

万座毛

ゲートを潜り色々なオブジェをみつつ、見えてくるのが、この絶景です!!

海が海がきれいすぎるんですよ!!

『 万座毛 』(まんざもう)の名前は、
琉球王国時代の国王 尚敬王(しょうけいおう)が名前が名付けたそうです。

『毛』とは沖縄の方言で“原っぱ”のことをいい、「万人が座れるほど広い原っぱ」を意味しています。断崖の上には天然芝の原っぱが今も一面に広がっています。

晴れた日には水平線までの大海原が色鮮やかに輝きます。

そして、夕暮れ時はさらにパーフェクトビューです!

また、万座毛(まんざもう)の近くには、1700年代の伝説的な女流歌人として知られる、恩納ナビーの歌碑があります。
『波の声もとまれ 風の声もとまれ 首里天がなし 美御機拝ま』
と刻まれているその歌は、「波の音も静まれ 風の音も静かになれ 国王様のお顔をみんなで拝みましょう」という歌意である。

琉球の王・尚敬王(しょうけいおう)が北部を巡視中に恩納村の万座毛に立ち寄った際、広場には王の顔をひと目見ようと大勢の人が集まっていた。

その風景を見たナビーが、ウシデーク(女性たちが太鼓を打ちながら農漁の収穫を喜んで歌い踊る)の時に王一行へ歓迎の意を表して、即興で詠んだ歌といわれている。

歴史って面白いですね!

大自然を堪能したら、次はお食事行ってみましょう!

『 万座毛 』(まんざもう) でお昼ランチ

万座毛に遊びにきて、そのままランチができるのでとっても便利、地元客も実は通っています!

海ぶどうのお店「元祖海ぶどう」

海ぶどう丼の元祖のお店

沖縄に来たらぜひ海ぶどうの丼を食べてみてください。

とんかつ定食など一般的な定食もあります、こちらは地元客向けなのでボリュームがあります。お腹がペコペコな方はぜひ地元定食をお召し上がりください。

サーターアンダギーの「三ツ矢本舗」

沖縄では有名なサーターアンダギーのお店 三ツ矢本舗 10種類ほどのサーターアンダギーが楽しめます。
『サーター』は砂糖、『アンダーギー』『アンダ』(油)+『アギ』(揚げ)で「油で揚げたもの」という意味になります。

そうです!『沖縄風ドーナツ』です。

沖縄のオジーは「砂糖てんぷら〜買ってきて〜」なんて言ったりします。

三ツ矢本舗は『 万座毛 』(まんざもう) の近くに本店がありますし、恩納村ま道の駅、『おんなの駅』にもお店がありますので、沖縄旅行では一度はよりたいところです!

琉球料理 松ノ下

チラガーやヒラヤチーといった、沖縄ならではのお料理が楽しめます!

知らない名前の食べ物を頼む時はぜひお店の方に聞いてみるのも良いと思います!

新しい発見は旅の醍醐味ですよね。

パーラー ゆい

沖縄によくあるパーラー、売店のようなお店です。

最近は少なくなってきているようですが、以前はいろいろな場所にパーラーがあったようです。

パーラーといえば、アイスやサンドイッチです。

恩納売店

58号線沿いにある、恩納売店もありました。100円そば必見です。

『 万座毛 』(まんざもう) には隠れた絶景があります

地図にもない?もしかするとあるかも・・・ですが、

エレベーターを探し、3Fに行ってみてください。

スーパービューがあなたを待っています!!

それはこのさき・・・(あえて写真は割愛しますw)

多分エレベーターでしかいけませんので、ぜひ探して行ってみてください!

『 万座毛 』(まんざもう) FreeWi-Fiが完備されてます

SSID : Manzamou_Wi-Fi

変更されていたらごめんなさい。
こちらをコピペしてお使いください。

『 万座毛 』(まんざもう) 駐車場

以前よりも多く駐車場が完備されているようです。

第一駐車場:乗用車スペース・97台、バススペース・13台、二輪車スペース・9台
第二駐車場:乗用車スペース・218台、二輪車スペース・15台

『 万座毛 』(まんざもう) 営業時間

4月~10月 8:00〜20:00
11月~3月 8:00〜18:00

夏シーズンの夕暮れは19:00頃です。
冬シーズンの夕暮れは18:00頃です。
夕日サンセットを楽しむ場合はあらかじめ調べてから行きましょう
検索で【 沖縄 日没 】調べてみてください。


『 万座毛 』(まんざもう) 定休日

年中無休 ※但し、台風等の自然災害時に休館になる場合があります。

オープンしているか心配な場合はお電話してみてください。


『 万座毛 』(まんざもう) お問い合わせ

万座毛へのお問い合わせは

TEL : 098-966-8080

住所はこちら、ナビなどで検索してください。

〒904-0411
沖縄県国頭郡恩納村字恩納2767 (万座毛周辺活性化施設内)

万座毛 アクセス

那覇空港から車で約1時間15分。沖縄美ら海水族館から車で約1時間10分。
ローソン恩納万座毛入口店向かいの上り坂を800M直進。


より詳しい情報は公式サイトをご覧ください